蕎麦に関する考察|なめてました

自分は麺類が大好きです。ら毎日昼は麺類でもいいくらいです。

ラーメン・ソーメン・勿論蕎麦・うどん・ソーキそば・焼きそばなんでも来いです。一時期酒を飲むと締めは必ずラーメンを食べる感じでした。札幌・福岡へは仕事を口実にラーメンを食べに良く行っていました。

麺・スープ・トッピングどれもその店その店の主張があり100件あれば100件味がちがうのがラーメンです。

蕎麦もよく食べていましたが、特段思い入れはなく美味しいとは思いますが。ラーメンに比べて個性があまりないと思っていました。それが少し体重を落とそうと思ったときに、蕎麦がダイエットに向いている。もしくは太りにくいとの情報で蕎麦を食べる機会や取材なんかで蕎麦を食べる機会が増えました。

蕎麦は繊細でお店の個性もある。

蕎麦のイメージは、のど越しが良く、カロリーが少なく食べやすい。と言ったところでしょうか?

栄養も豊富でダイエットにも良いのです。栄養の話は後日するとしてすこ、今回は自分がハマったところを書いていきたいと思います。

蕎麦は蕎麦の美から、収穫する場所・挽き方・挽くタイミング・こね方こ・ねるタイミング・ゆで方・ゆでてからお客様に出すタイミング・付け出汁の素材 関東は鰹ベース・関西は昆布ベースのところが多いようです。この組み合わせで蕎麦の香りや味が決まるようですが、実際色々なお店で食べてみて個性がすごいなと感じる今日この頃です。組み合わせは無限にあるのでしょう。特に自家製紛や手打ちのお店はすごいですね。ちなみ自分は、冷たい蕎麦の場合は、鰹出汁のベースでから眼が好きです。暖かいのは、断然関西の昆布出汁が好きです。

古民家や隠れ家蕎麦屋も多いです。

築300年古民家 丹波篠山の一会庵

自分は古民家とか隠れ家とかがだいすきで、蕎麦屋さんに、古民家・隠れ家的お店が多いのもはまった原因かもです。

蕎麦屋あるあるですが、場所が分りにくいお店や、道の狭いところにあるお店が多いのでたまにビビりますが・・・いったことのある方はわかると思いますが、特に京都の向町の膳さんはかなりやばいですね。

蕎麦屋の雰囲気と昭和レトロな感じは会いますよね、音楽は結構Jazzが多いのは流行でしょうか。東京にはおしゃれでスタイリッシュな蕎麦屋も結構ありますが、レトロが好きですな~。古民家や隠れ家的蕎麦屋さんは客席スペースがわりとゆったりしているのもいいですね。

あちゃ~と思うことも

これもおいしさが故のことですが、蕎麦屋あるあるでは、自分のところで蕎麦を作る、自家製紛・手打ちのお店では、沢山打てないので数が結構少なめの蕎麦屋さんが多いのかお店に行ったから売り切れと言ったことも多いですね、。昼は予約できない店が多いのも、ありますね

売り切れ!が割と遠くのお店なら正直半泣きになります。何回かはありますよね。きっとこれを読んでいただいている方にもそんな、経験がおありだと思います。たまに昼でも予約できるお店があるとうれしくて安心です。

まとめ

体にも良い栄養のある蕎麦屋さん巡りを今後も頑張っていきたいと思います。

まだまだ蕎麦を食べに、行ったことのない場所もたくさんあるので楽しみです。ここは絶対に行くべきだといったお店があれば教えてほしと思います。特に食べログなんかのグルメサイトであまり評価の高くないけど美味しいとか、珍しいお店とか、古民家・隠れ家的蕎麦屋さんとかぜひぜひお願いします。

最新情報をチェックしよう!